就労移行支援

就労移行支援とは
障害者総合支援法(旧障害者自立支援法)に定められた就労支援事業の一つです。
障がいがあり就職することが困難であるが、一般企業に就職したい方に、それぞれ個人の障がいや特性に見合った職場を検討、職場探しを行い、就労に必要な知識・能力を養い(例えば雑貨等の検品・梱包作業・パソコンでの作業)、就職後の相談やサポートなどを行います。それだけではなく、日常の生活リズムを構築していくことのサポートも行います。
就労支援を利用するメリット
  • ・職業訓練で就職に必要な技術を習得できる
  • ・事業所に通うことで日常生活のリズムを構築できる
  • ・事業所でビジネスマナーや集団行動を身につけられる
  • ・自分の個性や障がいに応じた職場や業種を紹介してもらえる
  • ・就職後も親身になってサポートしてもらえる
利用対象
  • ・身体、知的、精神、発達障がいや難病のある方
  • ・一般就労や開業を希望する方で、就労が可能な方。
  • ・18歳以上から65歳未満(利用開始時の年齢)の方

障碍者手帳を持っていない方でも、障害福祉サービス受給資格および、医師の意見書等があれば利用可能な場合があります。
※市区町村によって異なりますのでお住いの障害福祉担当窓口にお問い合わせ下さい。

利用対象
利用期間は2年間です。ただし必要性が認められれば最大1年の更新が可能です。

2017年度 工賃支払い実績 1か月で115,175円

※仕事内容と時間によって、個別差があります。